上肢

腕は上肢とも呼ばれ、肩から手にかけての部位をさします。頚椎から出ている神経が上肢を支配しています。そのため肩や肘、手首の痛みや動きの悪さ、手の痛み・しびれといった上肢症状は、頚椎や肩の状態と密接にかかわっています。カイロプラクティックでは、問題のある上肢部位だけでなく、脊椎全体をチェックします。

患者さんの声

腕のしびれ

頚椎椎間板ヘルニアと診断されました。カイロプラクティック治療を受けてみたくて、受診しました。首を横に向けたり、そらしたりすると腕に痛みが走ります。仕事上、不都合なので、藁をもつかむ思いでした。世間で聞かれるボキボキというイメージではなく、ソフトなタッチでの治療でした。一か月ほどの治療で、運転するときも首がスムーズに動くし、仕事をしていても腕の痛みも減りました。症状がないので、MRI診断を受けずにいます。

肘の痛み

テニスはしませんが、テニス肘と言う診断をうけました。肘バンドをするように言われ、湿布で紛らわしていました。ヨガ講師と言う関係上、上級に進む過程で無理なポーズをすることがあります。また、先日、引っ越しがあり、腕を酷使したことを思い出しました。 カイロプラクティックでは、腕を細かく触ってくれて、どの筋肉が問題なのかを指摘してくれました。関節や筋肉の治療を始め、テーピングや超音波の治療器などを総動員して、手当をしてくれました。お蔭で、今は仕事が苦にならずに済んでいます。

母指腱鞘炎の痛み

左母指の腱鞘炎と言われ医師の治療を受けていますが、効果があまりありませんでした。 好きなゴルフにも行きたいので、友人に勧められてカイロプラクティックを尋ねました。カイロプラクティックでは、背骨を診るものと思っていましたが、手の指まで診てくれるのでビックリ。しかも、指は、肘肩と首などとの関係もあると聞いてさらに驚きました。西洋医学では、部分的な診方しかしてくれません。お陰さまで、初回の治療から、指の痛みが減少し、数回の治療でかなり痛みが引いてきました。

日頃、バイオリンを演奏しています。バイオリンの姿勢では、首と上肢を使いすぎるため、首と肩こりで悩まされていました。練習時間が長いため、繰り返される上肢の使い過ぎが原因でした。他人から元気そうだと言われるのですが、微細な動きが求められる仕事なので、気が抜けません。友人の勧めで、カイロ治療を受けてから、障害部位だけでなく背骨の重要性に気付かされました。全身の調和が揃ってこそ、本来の演奏ができるということを実感しています。


トップへ戻る