下肢

脚は下肢とも呼ばれ、骨盤から足にかけての部位をさします。腰椎や仙骨から出ている神経が下肢を支配しています。骨盤は仙骨と左右の寛骨から成り、骨盤の関節には股関節、仙腸関節、恥骨結合があります。これらは互いに連動して、立つ、歩くなどの動作を可能にしています。体重を受けつつ、スムーズな動作を作りだすには、車軸のような安定感が必要です。

患者さんの声

股関節の痛み

数か月前から階段の上り下りで左の股関節の痛みと足のだるさが起き、趣味のフラダンスにも支障が出てきました。病院のX線撮影では特に異常がなく、鎮痛薬ではあまり効果がありませんでした。カイロプラクティックでは姿勢の問題から来ていると言われ、股関節の他に、背骨全体の治療を受けていくと徐々に階段の上り下りが楽になりました。今では先生方教わった体操を行い、歩き方にも気を付けています。

加齢現象と言われた膝の痛み

階段を上る、正座することができず、膝に痛みや腫れが出ました。医師に診てもらったのですが、X線を見て年のせいだと言われ、悔しい思いをしました。変形性膝関節症に対する痛み止めの処方箋だけで不安を抱えていたところ、カイロプラクティックを紹介されました。診てもらったら、膝が腰と密接な関係があると指摘され、膝だけでなく、背骨の治療も受けました。三回の治療でつらかった膝の痛みが減少し、腰まで伸びてきた感じです。私の周囲に同じ悩みを持つ人がいますので紹介したいと思います。

足底の痛み

足の裏が痛むので、シューフィッターにお願いし靴をいろいろ変えてみました。そのときは少し良いのですが、靴の問題と言うより足の問題だと分かり、整形外科に行きました。
X線では多少の偏平足だけで、特に問題ないとのことでした。偶然、カイロプラクティックの記事を読み、足もみてもらいたいと思いました。検査を受けると足に色々の問題があるようで、触られると痛いところだらけでした。放置しておくと、足から膝、腰、首と問題が広がっていくと言われました。治療を受けると、歩行しやすくなり、嬉しい限りです。


トップへ戻る